注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

幼児への算数・子供への数の概念の教え方知育玩具

幼児への算数・子供への数の概念の教え方知育玩具

ご覧いただき、ありがとうございます!!

現役保育士で、息子に英才教育をしています、乳幼児教育アドバイザーのいちごんです。

今回の記事で知っていただけること

  • 数の概念って?
  • 息子に実践した幼児に数の概念を身につける方法
  • 幼児の算数の勉強の取り組み方について息子に実践した方法

幼児 数の概念とは?

パッと見ていくつか分かる力です。

どんぐりが3個あり、「1、2、3」と数えるのではなく、パッと見て「3」と答えられる力です。

積み木が横に4つ並んでいても「4」

積み木が縦に4つ積んであっても「4」

数の概念があると、算数の授業になり、足し算や引き算、掛け算、割り算をした時に、つまずくことなくスムーズに進むことが出来ます。

小学生になる前に、数の概念は身に付けておきたい能力です。


息子に実践した幼児に数の概念を身につける方法

サイコロで遊ぶ

  • サイコロの出た目の数だけジャンプをする。
  • サイコロの出た目だけ、ぶどうを食べられる。
  • サイコロの出た目をパッと見て答える。

サイコロは、1から6までの数をドッツで表されていますよね。

1から6までは、パッと見て答えられるように、かなり遊びました。

生まれた時から、階段を登る時には必ず数を数える。

生まれた頃から数に親しんで欲しくて、必ずしていました。

今でも、階段の上り下りの時には、自分で数えています。

百玉そろばんで遊ぶ。

くもん 百玉そろばんの効果や使い方は?七田での使い方もご紹介の記事でもご紹介していましたが、くもんの百玉そろばんを使って遊ぶ。

七田 ドッツカード フラッシュカードを行う。

七田のドッツのフラッシュカード(→詳しく載せてます)保育士ママ愛用 フラッシュカードを自宅で行っていました。

積み木を使って、合成分解の練習をする。

例 

①3個の積み木を一度見せ、左手1個・右手2個で隠します。

②どっちにする?と子どもに質問します。

③右手を選んだら、積み木が何個あるのかを答えさせます。

④左手にいくつ隠れているのかを答えさせます。

公文 図形キューブつみき 1歳半検診のポイントでも書いていますが、かなり万能な積み木です。

数の概念を学ぶ知育玩具で遊ぶ

小学校受験にも役立つ!数の概念を学ぶ知育玩具でも詳しく書いていますが、結構いいです。

しかも安い!

長い時間遊んでくれますよ!

くもん 数字盤で遊ぶ

どれだけ数の概念が大切と言われても、数字は読めるようになって欲しいと思いますよね。

私も、数の概念と数字の読みは同じぐらい大切にしています。

そこで、我が家では赤ちゃんの頃から公文の数字盤で遊んでいます。

磁石になっていて、数字が書いてある盤に数字の磁石を置いていき、数字の読みが自然と確立できる知育玩具になっています。

こどもちゃれんじを受講する。

こどもちゃれんじは、6ヶ月のBabyコースから受講していました。

3歳の今は、2年先取りで受講しています。

こどもちゃれんじには、ワークもついていたり、エデュトイで数の概念を学べるものがついてきたり、とかなり重宝しています。

まだ受講していない方は、資料請求でも無料で教材をいただけるので、一度してみてはいかがでしょうか?

数の関連記事

最後まで、ご覧いただきありがとうございました!

他にも、園選びや知育、英語、先取り学習、運動、音楽など様々な記事をアップしていますので、ぜひご覧ください!