公文はじめてのつみき 初めての積み木 保育士オススメ

公文はじめてのつみき 初めての積み木 保育士オススメ

ご覧いただき、ありがとうございます。

現役保育士で、3歳の息子に英才教育をしています、乳幼児教育アドバイザーのいちごんです。

赤ちゃんへの初めて与える積み木って悩みますよね。

私もさんざん悩んで、公文のはじめての積み木にしました。

公文 はじめてのつみき 何歳の時に購入したのか

りぃ造がお座りできるようになった生後半年に購入しました。

公文はじめての積み木を選んだ理由

公文はじめての積み木を選んだ理由①

角がしっかりととれていること。

赤ちゃんの肌はとても柔らかいです。

少し尖ったり、ささくれ立っているだけで傷ついてしまうんです。

なので、絶対に角がしっかりとれていることと、木の滑らかな質感は第一条件でした。

公文はじめての積み木を選んだ理由②

赤ちゃんが口に入れても安心な素材であること

私が0歳児の担任をしていた頃のお話です。

自宅で新しく買って積み木で遊んでいたAちゃん。

機嫌良く積み木で遊んでいたので、お母さんはお料理をされていたそうです。

Aちゃんの元へ戻ると、口の中が積み木の角やささくれで切れて出血していたそうです。

ご両親は安いから、という理由で購入したことを後悔されていました。

せっかくお子様の為を思って積み木を買っても、品質が悪くて大切なお子様を傷付けてしまうと悲しいですよね。

公文はじめての積み木を選んだ理由➂

生後半年の赤ちゃんでも持ちやすく、積みやすいもの

積み木は崩れても楽しいですよね。

でも、積もうとしても、すぐに崩れてばかりだと、積み木を積むという成功体験を重ねることが出来ません。

そこで、赤ちゃんでも積みやすい積み木はないのかと探しました。

すると、なんと公文はじめての積み木なら、赤ちゃんが積み上げやすいように、積み木に凹みをつけてあるので、非常に積みやすいんです。

この凹みは、積み木1つの1面にしかついていません。

凹みのない面で積み上げられるようになったのかも、確認することが出来ます。

公文はじめての積み木の遊び方

 積み木を手で持ちます。

この時、大人も一緒に持ち、カチカチと音を鳴らすことを見せたり、

お子様の持っている積み木に

「くっついたー」と言いながらぴったりくっつけたり、

お座りが安定しているお子様には、小さくカチッと音が出るぐらい一緒に鳴らしたりなど、大人も一緒に穏やかに楽しんで上げてくださいね。

ご参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

他にも知育や英語、運動神経、絶対音感、園選びなど、たくさん記事にしています。

ぜひご覧ください↓

子育てって難しいですよね。

子どもへの関わり方が分からない。

子どもを賢く、運動神経良く、音楽も出来るような、全ての能力が高い子どもを育てたい!

でも方法が分からない。

そんな方にオススメ↓

英才教育保育士ママ 育児相談始めました!

最新情報をチェックしよう!