かこさとしからだの本 てとてとゆびと 手指の絵本にオススメ科学の芽作り

かこさとしからだの本 てとてとゆびと 手指の絵本にオススメ科学の芽作り

 

 
英才教育保育士

現役保育士で、息子に英才教育をしています、乳幼児教育アドバイザーのいちごんです。

人体が好きな息子は話し始めた頃から「お医者さんになりたい。」と言っていました。

でも、それまでに人体に興味を持てる環境づくりを行ってきたんです。

詳しくは、こちら!

人体模型と図鑑で子どもが医者になりたい環境づくり

 

今回の記事では、新たに我が家に導入した かこさとし からだのえほんシリーズ6冊目「てとてとゆびと」の内容についてご紹介します。

かこさとし からだのえほん「てとてとゆびと」の内容

手指を使う動作が描かれています。
はじく、などの動きを今までしたことがなかったので、慌てておはじきはじきの遊びをしました。笑
昔使われていた中国の漢字も入っています。
人間の先祖がどのように進化してきたのかを描かれています。
絵本を読み終わってから人間の祖先について調べました。
どんどん指や手を動かすことで、賢くなることに繋がります。
その通り!!

かこさとし からだのえほん「てとてとゆびと」のあらすじ

絵本の手のイラストの上に自分の掌をのせて、手や指をどのように使っているのか振り返ります。

手指を使ってちぎったり、割ったり、紙を押さえて鉛筆を動かしたりします。

人間だけが指先を上手く使うことが出来ます。

人間は、指先を使って猿人から発展してきました。

手と指を動かすことは、賢くなることに繋がるので、人間の特権である手指をたくさん動かしましょう!

かこさとし からだのえほん「てとてとゆびと」の口コミ

「てとてとゆびと」は、3歳には難しいか?と思いながら読みましたが、人間が猿人から発展してくるところなど、楽しそうに集中して見ていました。

 

「てとてとゆびと」という題名からは意外な、人類の進化のお話。

私たち人類の祖先が最初は四足で歩いていたこと。
二足歩行になり、手と指を使い、刀をつくり、土器をつくり、道具を作ってきたこと。

手と指を使えるようになるとともに、脳も比例して大きくなり、いろんなことができるようになったこと。

とっても分かりやすく描かれています。

私がかこさとしさんの絵本で気に入っているのは、

読者の子供たちに問いかけ、
語りかけて、絵本が進んでいくところ。

子供も一生懸命考えるし、理解しようとするし、
作者と、読み聞かせる親と、子供が一体となる手ごたえが
とっても伝わってきます。

絵本ナビ 
 
英才教育保育士

息子は、かこさとし からだえほんシリーズは大好きなのですが、中古でも値段が変わらない!

そこで、楽天でシリーズ10冊を一気にセットで購入しました。

そんな環境づくりに「かこさとし からだの本シリーズ」は最適です。

 
英才教育保育士

他にも、園選びや知育、英語、先取り学習、運動、音楽など様々な記事をアップしていますので、ぜひご覧ください!

 

子育てって難しいですよね。

子どもへの関わり方が分からない。

子どもを賢く、運動神経良く、音楽も出来るような、全ての能力が高い子どもを育てたい!

でも方法が分からない。

そんな方にオススメ↓

英才教育保育士ママ 育児相談始めました!

最新情報をチェックしよう!