人体絵本オススメ!かこさとし からだのえほん あかしろあおいちが凄い 

人体絵本オススメ!かこさとし からだのえほん あかしろあおいちが凄い 

 

 
英才教育保育士
現役保育士で、息子に英才教育をしています、乳幼児教育アドバイザーのいちごんです。

 

保育園の保護者様
子どもを医者にしたいんですけど、どうすればいいんですか?  
 
英才教育保育士
医者になりたい!と思える環境づくりが大切です!   

 

保育園の保護者様
詳しく聞きたいです!!  
 
英才教育保育士

人体が好きな息子は話し始めた頃から「お医者さんになりたい。」と言っていました。

でも、それまでに人体に興味を持てる環境づくりを行ってきたんです。

詳しくは、こちら!

人体図鑑や模型で幼児から医者に育てる為に出来る事

 

今回の記事では、新たに我が家に導入した かこさとし からだのえほんシリーズ4冊目「あかしろあおいち」の内容についてご紹介します。

かこさとし からだのえほん「あかしろあおいち」の内容

顕微鏡で見た血液。
心臓から血液が送られていることを分かるイラストです。
静脈と動脈が描かれているので、息子には正しい名称を伝えました。
怪我をして、かさぶたが出来る過程を解説してくれています。
息子は、このページが大好きです。

かこさとし からだのえほん「あかしろあおいち」のあらすじ

血についてとにかく詳しく分かりやすく解説してくれている絵本です。

血を顕微鏡で見たり、赤血球や静脈・動脈など子どもが絵本を通して興味を持ち、知ることが出来るようになっています。

 

かこさとし からだのえほん「あかしろあおいち」の口コミ

血液の仕組みをかなり丁寧に分かりやすく解説してくれています。

ただ、かこさとし「からだえほんシリーズ」の中では、内容が難しいです。

他の絵本は、2歳でも読めると思いますが、「あかしろあおいち」は少し難しい。

最初は、堀内誠一さんの「ちのはなし」を先に読んで興味を持たせてから「あかしろあおいち」を読むのが最適かと思います。

息子も、かこさとし からだえほんシリーズは大好きなのですが、中古でも値段が変わらない!

そこで、楽天でシリーズ10冊を一気にセットで購入しました。

幼い頃から科学に興味を持たせる簡単な方法は、興味を持てる環境にしてあげることです。

そんな環境づくりに「かこさとし からだの本シリーズ」は最適です。

幼稚園・保育園選び、園でのトラブルオンライン相談

幼稚園や保育園の選び方が分からないし、迷っています。。 
幼稚園・保育園に通っているけど、これっておかしくない?!どうしたらいいの?
 
英才教育保育士
幼稚園・保育園に関する悩み事を全てオンライン上で解決します!!
〜経歴〜
  • 元幼稚園教諭
  • 現役保育士ママ
  • 幼稚園見学や保育園見学に行った数は、30園以上。
 
英才教育保育士
  • 幼稚園・保育園選び
  • 幼稚園・保育園でのトラブル解決方法をお悩みに応じて解決します!
  1時間3000円
無料電話(LINE・ZOOM)を使用する為、電話代は不要!
LINEからお気軽にお問い合わせください↓
友だち追加